不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは、文字通り担保として手持ちの不動産を設定して、不動産の価値に見合った額の融資を受けるローン商品です。

一般的に、不動産価格次第では大きな金額の融資が可能になることで知られています。

金利は、銀行などの金利と比較すると大きいのですが、ノンバンクのキャッシングローンなどに比較すると安価になっています。

とはいえ、金利の額には、業者によってさまざま違いがあるので、注意深く比較検討をする必要が出てきます。

というのも、融資の額が大きいため、パーセンテージの数値の大きさがさほど違いがないように思っても、総額では大きな違いがでてきてしまうからです。

返済期間は長期にわたって返す人が多く、そのためきちんと不動産担保ローンの計画を立てておく必要がでてきます。

不動産担保ローンでは、個人の信用よりも、不動産の価値が融資の額や融資そのものの可否に大きな影響を持ちます。