不動産担保ローンで一番注意しなければいけないことは、返済がままならなくなった時に、担保に設定した不動産を守ることができないという点にあります。

延滞してしまうと、担保設定している不動産は競売にかけられ、売却代金から返済に充てることになってしまいます。

たとえ個人再生手続きを取ったとしても、担保に設定した不動産は守れないので、自宅を担保に融資を受けるといった場合には、計画的な返済プランが必須です。

不動産に抵当権、根抵当権の設定登記を行うと、返済ができない場合には、金融機関は不動産を売却してお金を回収します。

不動産売却を行ったとしても、抵当権に入れた時に比較して、担保価値が下がってしまうと、完済することができないケースもあります。

このような状態を、担保割れ状態と呼び、差額に関しては、返済義務が当然あるので、不動産を失っても、さらに残った債務についての返済が続くという状態になります。

不動産担保ローンのリスクとして理解しておきたいポイントです。