不動産担保ローンは、使用目的に制限のないフリーローンと言われる商品です。

フリーローンは他にも、カードキャッシングなどがありますが、無担保型のカードでの融資と比較して、不動産担保ローンでは、融資額が大きくなります。

まとまった金額の融資が必要な時には、大型融資は不動産の担保価値が大きければ可能になります。

住宅ローンやカーローンのように、融資に関して目的が限定され、融資が直接支払先の口座に振り込まれるようなローンと違って、あらゆる用途に自由に使用が可能です。

リフォームに、相続税に、葬儀や結婚式の費用に、子どもの学費にと、ライフステージによって、急に融資が必要になる場面はさまざまあります。

個人信用で借入を行う以外にも、不動産担保ローンのように有担保の融資が受けられれば、急ぎの出費の際にも安心です。

最近注目を集めているのが、競売物件を購入するための現金の資金繰りに、手元にある別の不動産を担保設定する不動産担保ローンです。

不動産投資を行う個人にとって、利用価値の高いローンになっています。