不動産担保ローンはさまざまな金融業者が商品を販売しています。

不動産担保ローンに特化した専門の業者もあれば、銀行やノンバンクにも同様の商品があります。

取扱い会社は多岐にわたるため、業者選びが融資を成功させる鍵になり、ひいては、融資を行う目的でもある起業な新しい事業などを成功させる鍵にもなります。

不動産担保ローンの広告を見ていくと、注意したい業者の実態も見えてきます。

たとえば、即時入金、他店利用者は融資確実のような、表現を強調する業者は、過大広告と思って少し警戒しましょう。

一番気になるのは、業者が登録貸金業者かどうかの部分。

登録貸金業者情報検索サービスは、金融庁が提供しています。

怪しいなと感じたら、検索してみるのもいいでしょう。

金利に関しては出資法が定められていますから、29.2%を上回る金利は、違法扱いになります。

支払義務はありませんので騙されないようにしたいものです。